【2020年(令和2年度)】宅建試験の合格発表!

2020年の宅建試験の合格発表がされました

令和2年12月2日は宅建試験の合格発表が実施されました。合格されたみなさんおめでとうございます。

今年(10月実施分)の宅建試験の合格点は38点となりました。

宅建試験は相対評価です。ですから年ごとに合格点は変動していきます。合格点が38点というのは比較的高い合格点ですので、今年の受験生は優秀な方が多かったということでしょう。

宅建試験は簡単な試験ではありません。しっかりと対策して臨まなければ合格は難しくなります。今回残念な結果になった人は、敗因を分析して次回の試験に必ず合格できるように頑張っていきましょう。

令和2年度宅建試験(10月実施分)の合否判定基準

受験者数:168,989人
合格者数:29,728人
合格率 :17.6%
合否判定基準:50問中38問以上正解
※登録講習修了者は45問中33問以上正解

合格率は17.6%なので例年と同じくらいの合格率でした。

宅建試験の合格発表を確認する

令和2年12月2日の午前9時30分から以下のサイトで確認することができます。

令和2年度宅地建物取引士 資格試験合格者受験番号(外部サイトが開きます)

宅建試験に合格した後は

宅建試験に見事に合格した後は次の道に進むことができるでしょう。

  • 実務家として宅地建物取引士の登録をする
  • ステップアップとして他の資格に挑戦する

宅地建物取引士の登録をする

宅建士の登録をするためには、2年以上の実務経験を積むか、実務講習を受ける必要があります。すでに実務を経験している方は問題ないですが、実務経験のない方は実務講習を受けることになるでしょう。

実務講習を実施している予備校がいくつかあります。LECやTAC、日建学院など大手の予備校で申し込むことができます。

ステップアップとして他の資格に挑戦する

宅建試験に合格できた方は、さらに別の資格に挑戦してダブルライセンス、トリプルライセンスを目指すことで仕事に生かすことができます。また、他の資格を取得することで就職や転職に有利になるでしょう。宅建士の後に目指せる資格としては、

  • 行政書士
  • 土地家屋調査士
  • 司法書士
  • 賃貸不動産経営管理士
  • マンション管理士
  • 管理業務主任者
  • 社会保険労務士
  • 不動産鑑定士

などがあります。どれも宅建試験で学習したことが生かせる資格です。宅建試験に合格できたのであれば、これらの資格も目指してみて仕事や就職に役立ててみてください。