【2020年】アガルート賃貸不動産経営管理士試験講座の特徴と口コミをまとめてみました

結論を先にまとめると…
  • 受講生の合格率83.3%で全国平均の2.26倍!
  • 質問が無制限にできる充実のフォロー制度
  • 圧倒的な講師力フルカラーテキストで万全の試験対策!
  • ライフスタイルに合わせてスキマ時間に学習できる!

賃貸不動産経営管理士は賃貸不動産管理の専門家です。そして2021年には国家資格になることが決まっている注目度の高い資格です。

また、試験の難易度も年々高くなってきています。国家資格になるにつれて今後はますます難しい試験になってくると考えられますので、各予備校とも試験講座に力を入れてきている感じがします。

アガルートもいち早く賃貸不動産経営管理士試験講座を開講し、良い成果を出しています。今回は、アガルートの賃貸不動産経営管理士試験講座の特徴や評判、口コミについてまとめていきたいと思います。

アガルート賃貸不動産経営管理士試験講座の特徴

アガルート公式サイトより引用

驚異の合格率!受講生の83.3%が合格する講座

アガルートがおすすめできる1番の理由は『圧倒的な合格率』を叩き出していることでしょう。

賃貸不動産経営管理士の本試験合格率は試験の創設からは比較的高い傾向にありました。しかし令和元年の試験は未出問題や難問があったこともあり、近年で最も低い合格率の36.8%でした。

そんな中、アガルートの受講生は83.3%の合格率となっており、全国平均の2.26倍の合格率です。非常に優良な講座であることがわかります。アガルートの講座を受講して、しっかりとついていければ合格できるといっても過言ではないでしょう。

アガルート受講生の合格者の声

アガルートアカデミーの教材で最も良いと感じたのは,テキストのボリューム数です。賃貸不動産経営管理士試験は,まだ歴史の浅い試験のため,過去問題の量も多くはありません。2019年度試験は,これまでの傾向から大きく異なる試験と言われ,過去問題とは毛色の違う問題が多く出題されましたが,アガルートの細部まで作られたテキストを読み込んでいたため,焦ることなく問題を解くことができ,実際に合格点が29点のところ,34点で試験に合格することができました。

アガルート公式サイトより一部引用

総合講義のテキストは、賃貸不動産経営管理士協議会発行の公式テキストをベースに、網羅性や体系性を維持しつつも、重要部分を抽出してコンパクトに必要知識がまとめられたものになっており、非常に役に立ちました。特に、過去問で出題実績のある箇所については赤字でマークが入っており、普段からテキストを通読する際に、過去問を意識したメリハリのある学習をすることができました。赤い字のマークは目立つため、試験当日に試験会場到着後に短時間でマーク箇所を見直しすることができ非常に有用でした。

アガルート公式サイトより一部引用

音声講座も、わかりやすく、過去問を意識したメリハリのある内容になっており、仕事が忙しくテキストを通読する気力が残っていない時に、音声講座を流しているだけでも、おどろくほど実力が身につきました。 制度の趣旨などにも遡って解説いただき、記憶ではなく理解が進みコンパクトに整理ができました。本試験の難易度は、年々上昇していますが、理解ができていれば問題の傾向などが多少変化しても対応でき、過去問で見たことのない問題が出たとしても、落ち着いて対応することができました。チャプターが細かく分離されているため、細切れ時間も有効に活用でき、必要な箇所を繰り返し聞く際にも便利でした。

アガルート公式サイトより一部引用

合格者の声からも分かりますが、アガルートの強みはテキストの良さですね。非常に作り込まれていますし、講師が作成しているので講義を聞いていてテキストの内容が頭に入りやすいものとなっています。

細切れになっている講義も集中力が続きやすいと良い評判を得ていまし、「直前ヤマ当て模試」は本試験に近い内容で本試験のリハーサルになって自信がついたという感想もありました。

アガルートの賃貸不動産管理士講座がかなり良い評価を得ていることがわかります。

充実したフォロー制度で安心して学習が続けられる

通信講座は受講生のフォローがおろそかになりがちになってしまいます。通学講座ではわからないことがあればその場で講師に質問できますが、通信講座ではそうはいきません。

アガルートは受講内容でわからない点があったら、質問をすることができます。しかも無制限です。

質問制度
アガルートあり(無制限)
資格スクエア不明(ホームページを見る限り)
スタディングなし
各予備校の質問制度の有無

他の予備校の通信講座では質問制度そのものがなかったり、質問制度に制限があったりするので、アガルートの無制限に質問できる制度は安心して勉強を継続できる要素です。

意外と軽くみられがちですが、この「質問できるかできないか」という差はとても大きいです。

圧倒的な講師力とオリジナルフルカラーテキスト

アガルート公式サイトより引用

担当講師は工藤美香講師です。工藤講師は不動産関係の資格「宅地建物取引士」「マンション管理士」「管理業務主任者」そして「賃貸不動産経営管理士」の4つの資格をすべて一発で合格した方です。

そしてアガルートのこれら4つの試験の講座はどれも受講生合格率が非常に高いです。講師の指導力が非常に良いということがわかります。

そして「合格者の声」にもありましたが、アガルートはテキストの評判がいいです。どの講座でも講師自らが作成しているので説明が分かりやすいです。フルカラーテキストなので、要点や図表もカラーリングされていて重要な点が印象に残りやすくなっています。

受講料は少し相場よりも高いかも

講座価格講座内容
アガルート79,800円(税抜)総合講義+過去問解析+模試
資格スクエア29,800円(税込)インプット+アウトプット講座
スタディング13,800円(税抜)基本講座+実力養成講座

上記の表からもわかりますが、アガルートの賃貸不動産経営管理士講座は決して安い受講料ではありません。スタディングは圧倒的に低価格ですので、料金で選ぶとなるとアガルートは少し不利でしょう。

しかし、価格に見合った見返りがアガルートにはあります。

まずは異的な合格率です。アガルートの講座をとってしっかりと学習すれば合格が近くなると考えれば高くはありません。しっかりとしたフォローを受けたいと考えている方や、分かりやすい充実した講義やフルカラーテキストがついてくることを考えるとコスパはいいと言えます。

また早期に申し込めば受講料が安くなりますので、費用を抑えたい方は下記の期間までに申し込むことをお勧めします。

期間限定の30%オフ価格で受講できる!

2021年5月31日までに講座に申し込むと、

  • 総合講義が39,800円27,860円(税抜)
  • 総合カリキュラムが79,800円55,860円(税抜)

で受講できます。早めに取り組めばそれだけ勉強が進みますので、本試験を受験することを考えているなら早めの申し込みをおすすめします。

アガルートの賃貸不動産経営管理士試験講座をお勧めできる人、お勧めできない人

アガルートの賃貸不動産経営管理士試験講座の特徴や評判、口コミについてまとめてきました。やはり圧倒的な合格率と講師力の高さがアガルートの魅力でしょう。

アガルート賃貸不動産経営管理士試験講座をお勧めできる人

  • 受講生の合格率で講座を選びたい人
  • 既存のテキストではなく講師作成のテキストでしっかりと学習したい人
  • わからないことをなんでも質問したい人

アガルート賃貸不動産経営管理士試験講座をお勧めできない人

  • 費用の安さで講座を選びたい人(費用を抑えたい人)
  • 質問制度に魅力を感じない人
  • 通学講座を受講したい人

総合的にみてアガルートの賃貸不動産経営管理士試験講座は『安心して受講できる』講座です。費用の面で問題ないという人は間違いなくお勧めですし、費用の面で気になる方も「合格できる可能性が高い」と考えれば受講したい講座です。